展示会情報を随時お知らせしています。

ふるさとを想うジオラマ展、7月23日より。

神の手●ニッポン展Ⅱ、開催決定!

工芸や民芸、アート作品で卓越した想像力と技術を駆使して日本独自の価値を持ったオンリーワンの作品を作り出す作家(新聞記事引用)の合同展示会「神の手●ニッポン展Ⅱ」に、作品を出展することが決定いたしました。
第1期神の手アーティストの6名の展示会は、昨年より既に東京・目黒雅叙園、新潟三越で開催され、現在は高知県立美術館で開催中です。(2016年5月25日まで)
第2期神の手アーティストとして、2016年11月18日から、東京・目黒雅叙園で開催される展示会に、新作を含む約15点を展示予定です。
その後、第1期神の手アーティスト作品と同時進行で全国巡回展示の予定となります。
お近くで開催の折には是非とも足をお運びくださいませ。

ワクワク手しごと・みにちゅワールド展。 

2016年4月9日(土)~4月18日(月)まで、それぞれ作風の違うミニチュア模型作品を展示。県内外から4人の作家さんが自慢の作品を披露します。
今回の企画展は、ドリンク券付きの有料展示(700円)となります。
ドリンク券の有効期限はございません。当日お席が無い場合でも、次回いつでもご利用いただけます。
同時に、懐かしい昭和の映画ポスターも店内および会場内に展示いたしますので、どうぞお楽しみに。

茶蔵庵房住宅模型展、開催決定。 

2年前に開催して好評だったAOSSAでの作品展示会を再度開催いたします。
夏休み期間中、旧盆をはさむ8月8日から17日までの10日間。
前回より作品数が6点増えていますので、見応えはじゅうぶんかと思います。
今回は事情により懸賞付き人気総選挙は実施いたしません。
また、期間中出来る限り会場に待機して、作品のキュレーター役を務めさせていただくつもりですので、お気軽にお声かけください。
8月11日の夜には、プロ写真家による作品撮影講習会が実施されます。
こちらは、中央公民館への事前申し込みが必要ですが、当日の見物は自由です。
会場には、ゲゲゲの鬼太郎に登場する「妖怪ポスト」型の募金箱を設置しますので、製作協力費にご賛同いただければ幸いです。おカネを入れると目玉おやじが喋ります。


キャンドルハウス作り体験教室のお知らせ。 

6月20日(土)に、坂井市の道の駅さかい・いねす感謝祭にてワークショップを開催します。
新体験、ブリキのおもちゃで作るキャンドルハウス製作体験を限定10個ご用意して、皆様の参加をお待ちしております。
使用する部品は廃盤商品につき、これが最初で最後になります。この他に動物ジオラマや自動車ジオラマの体験も可能です。手のひらの上の小さな風景をお楽しみください。

第28回・市美展ふくいに作品出品。 

工芸部門へ出品いたしました。作品タイトルは「立体間取り絵・戦前の文化住宅」です。
本来、保護カバーは掛けたくなかったのですが、不特定多数の来場者がある中での破損防止のためには仕方がありません。
5月15日~24日まで。福井市美術館(アートラボふくい)にて展示。観覧無料です。
内部の調度品、家具類、小物類に至るまで、戦前の富裕層の住まいをワンオフで製作。緻密に再現した立体間取り作品です。ご来場心よりお待ちしております。

art&雑貨2015、県産業会館2号館でワークショップ開催。 

好評の体験イベント、手のひらジオラマ製作ワークショップを開催します。
今回は参加希望の皆様に、より簡単に製作していただけるよう材料をキット化したものをご用意いたします。
もちろん完成した作品はお持ち帰りいただけます。お部屋に飾ったり、ケースに紐を取り付けてツリーにオーナメントとして飾ったりもできますよ。
体験料・材料費込みで1000円は激安!事前申し込みが必要となりますが、空きがあれば当日でも参加できます。ホームページのお問い合わせコーナーからご予約下さい。
 4月11~12日の両日は、福井県産業会館2号館体験ブースへぜひ、ご来館下さいませ。
 

〇定員限定・製作よもやま話と間取り見学会、企画中。

作品製作にまつわるウラ話しと、展示会では滅多にお見せできない模型の内部を披露する、参加者限定型の展示イベントを企画中です。
キャラハウスの中の小さな小物まで確認できる展示イベントは、アクリルケース越しに見るより、より身近に作品を見ることが出来ます。
日時、場所等は未定。飲み物などをいただきながらの、ゆったりとした展示イベントにしたいと考えています。ご協力いただけるお店などがございましたら、ぜひご連絡・ご紹介いただきたいと思っています。

面白い!と思われたヒトは「いいね!」お願いします。
面白い!と思われたヒトは「いいね!」お願いします。